2019年1月15日火曜日

接続改良

制作環境、先の投稿とおりに変更する一方、接続端子をL型に変更(オーディオは接続端子を自分で制作)しました。

これで、後ろに余地がない状況(接触している引戸との衝突回避)改善。安心して制作に打ち込めます。

2019年1月13日日曜日

復活UM-1Xダウン

前回投稿の続きです。

しばらく無事に動いておりましたが機能しなくなりました。
マイクロソフト(OS)がドライバーを管理下におこうと何かの拍子に書き換えた?
原因は不明です。

しかし化石の様な古いディヴァイスです。時代に少しだけ合わせてシンセサイザー(YAMAHA MOTIF RACK)とPCはUSBケーブルで接続、MIDIキーボードは MOTIF に MIDI ケーブルで接続、アプリ(MOTU社製DP)の側でエコーバックすることにしました。

2019年1月3日木曜日

UM-1X復活!

以前、マックに接続していた「UM-1X」、PCのUSB端子とMIDI端子をつなぐMIDI信号のI/O機器です。
MIDI機器の様にパソコン黎明期から使用され、やりとりする信号もシンプル、システムも同様シンプルであれば、いくらOSが新しくなっても機能するはずだと思い調べてみました。

すると、未だに市場的に売買されているし、「Windows10でUM-1Xを使う」とか、その際に問題となるドライバのインストール方法について、いくつか情報提供をしているページがありました。

ドライバ自体もINF書き換え版ドライバをダウンロードできるサイトがあり、早速64Bit用をダウンロード。
これをインストールしようとしましたが、各種情報にある通り、案の定うまくゆきません。

「ドライバ認証の強制」をオフにしてからインストールする必要がある様です。詳細は省略しますが、私のマシンについてまず調査。BIOSはUEFIでセキュアブートは有効、これを無効にしてから、スタートアップ設定「7.ドライバー署名の強制を無効にする」をクリック。

すると、無事にインストール成功!

やった!

その後、それぞれ設定変更した部分を元の状態に戻しました。

無事に機能しています。次の制作環境に使えるのでうれしいですね。パソコンの画面はMOTU社製のDP9の画面ですが、UM-1エミュレート済みの文字が見えると思いますし、無事にMIDIのI/Oが機能しています。

2018年12月29日土曜日

年内レッスン終了

教室のカレンダーを来年のものに変えました。
富士見銀座(北区)高柳味噌店がくれた各月ポケット付き。
今年65歳になり終活を始めました。
音楽を始めた原点に戻り、気持ちを若く今に生きる、そんな風にしたいと思います。
そんな気持ちは ココ に書きました。
皆様、良い年をお迎えください。

2018年12月28日金曜日

年内最終の最新リリース情報!

 「インターネットからのダウンロード楽譜&音」の最新情報。
年内最終となります。

内容は ココ をご参照ください。

来年も引き続き、皆様のリクエストやご希望かなと思うポピュラー楽譜、そして自作曲の新アレンジ&新録音、PD楽曲のピアノ・ソロ・アレンジやジャズ・アレンジを制作予定です。

2018年12月26日水曜日

歌のキーと伴奏譜

クリスマスは終わりましたが、6年前、名曲「White Christmas」の楽譜と音をリリースしています。
色々な歌手のキーを調べ、全調にアレンジして出版しました。

ココ にあります。

当時、調査に利用した動画がありました。便利ですがこれらは違法、左で映画を資料とした二件 ココ と ココ が現状。当然のこと。ようやく無法地帯ではなくなってきた様です。

今回、「枯葉」のピアノ伴奏譜が手薄とのことで制作していますが、同様に色々な歌手のキーを調べてみました。流石に全調で制作しませんが、所謂「男声キー」としてはEmとDm、「女声キー」としてAmかなと思います。
今回の調査、音源だけではなく動画も合法的アップロードコンテンツだけを利用できました。ようやくネット上の音楽や動画が適法に扱われる社会に進歩したことがわかります。正直、うれしい。
今後、私も自作曲コンテンツのリリースをより進めたいと思います。

鍵盤楽器(特にアコースティック・ピアノ)において、演奏の容易さや平均律に起因するキー別のサウンドもあり、調号の多いキーにもそれぞれ意義や意味はあるのですが、歌と歌などのメロディ楽器のためのピアノ伴奏譜、やはり調号に♯や♭の多いキーは敬遠される様です。オリジナルのキーのみならず、調号の少ないキーのコンテンツも出して行きたいと思います。

最後に「枯葉」は私にとっては特別な曲、特別な楽譜です。
ココ に その投稿があります。

来年に向けて、TwitterとFacebookとSLACKへの投稿も連動する作業を始めました。自分の音楽人生の現状と夢をもっと伝えて行こうと思います。

2018年12月16日日曜日

ショルダーキーボードを担ぐ

「私が」ではなくて「スタンディングデスクが」ショルダーキーボード(MIDIマスターキーボード)を担いでいます。
高さも丁度良いしストラップを利用してしっかり固定できました。
操作ミスで困っていた「トランスポーズ」のスイッチも、補強バンドでうまく隠れました。

立って仕事をしていますが何も問題ありません。捗ります。
作業環境はほぼ完成。しっかり仕事を続けたいと思います。