2010年4月29日木曜日

新刊の裏には絶版が・・・

「ビル・エヴァンス」新刊のご案内に対して、以前出していた楽譜についてのお問い合わせがありました。これら二冊は絶版(下記URL参照)です。版元に対して再版を交渉をしましたが再販予定は無いとの返事でした。そこで出版契約の解除をして頂き、他の出版社に提案しました。これにドレミ楽譜出版社が応じてくれました。以前の原稿を利用していますが、今回の楽譜は楽譜と音資料を同期して確認していますから、以前の楽譜にあった不適切な部分も全て校正してあります。使用許諾が得られなかった楽曲をはずし、新たに二曲採譜して収録しております。


この様に新刊の裏には絶版の歴史もあります。目下、私が出版してきた楽譜や教則本のヒストリーをまとめていますが、膨大な量のために作業が進んでいません。近日中には私のホームページに上記二冊以外に百五十程アップする予定です。ここにはポイントとなる画像を少しアップします。

まず、雑誌「キーボードマガジン」創刊号。表紙はビリー・ジョエル、私が採譜アレンジした「オネスティ」が収録されています。この頃雑誌「キーボードマガジン」とか「ジャズライフ」にピアノ楽譜やセミナー記事を毎月書いておりました。「ビリージョエルになりたい!大人のピアノのすすめ」というブログを見つけ読者になりました。「Just the Way You are(素顔のままで)」が弾ける様になると良いですね。イントロだけでもトライしてみたのでしょうか?イントロが弾けたら気分はもうビリージョエル!と思うのですが。



さて、私の教室の生徒Uさんはキーボードマガジン創刊号を資料にして、ソロピアノでは無くてて弾き歌いで「オネスティ」に挑戦、制覇しました。楽しそうです。イントロはもちろんオリジナルの様に弾いています。
この頃、次の様なピアノ弾き歌い楽譜も出しました。ポピュラーピアノ上達の早道、実はピアノ弾き歌いなのですが、それはまた書きます。


0 件のコメント:

コメントを投稿